NMNとは何か

「NMN」とは「ニコチンアミド・モノヌクレオチド」という物質の略称で、体の代謝、分泌、解毒、修復に関わり、人体の若返りへの効果が期待されている物質であり、ビタミンB3(ナイアシン)であるところの「ニコチン酸アミド」から作られます。
NMNはNADという酸化還元を受け持つ物質の生成に必要なものです。
そしてNADは、老化現象を司るとされるサーチュイン遺伝子に作用し老化を抑える役割をします。
特にNMNが脳の視床下部でNADの合成を活性化し、そこでのサーチュイン遺伝子の働きへの関与は全身の老化を制御(老化防止)しているといわれます。

長寿遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子に直接働くのがNADであれば、それを直接補給し体内で増加させても良いのですが。
NADは消化器官で分解されてしまい効果が低いとされています。
その物質の元であるNMNは経口摂取できるので効率が高いのです。

人間が加齢により老化して細胞機能が低下してくると、体内において、これら、NMNやNADが減少してくることになります。
つまり、もともとNMNは人体で生産され体内にある物質であるということです。
原料となる必須アミノ酸であるビタミンB3(ナイアシン)も体内でトリプトファンという一般的な物質から生成されるものなので日常の食事等の原因で不足することはめったにないのですが、加齢によりNMNやNADが体内での生産量が減っていくため、NMNを外部から補給することがアンチエイジングに大きな効果があるのではないかということです。



〔関連サイト〕
美容や老化が気になる方に向けたNMN配合のサプリメントです ・・・ NMN 美容